英語/世界の教育/CLIL · 02日 12月 2019
2019年フィンランド海外教育実習の、「あらすじ」です。詳しくは、もうどこから書けば良いのか・・・ の量と質。そして 書く時間はあるのか・・・?ですが、来週ぐらいまでに、柏木ホームページにアップします(願望)。...
英語/世界の教育/CLIL · 02日 11月 2019
CLILについて経済教育分野を考えるきっかけをいただきました。
英語/世界の教育/CLIL · 02日 11月 2019
教職大学院では、「1グローバル時代の教師」と「2グローバルリテラシー」の講義が今年から始まりました。1はかなり複雑な情報やデータ読み、21世紀型スキルを扱い、体験版もしてもらっています。先週は柏木が担当して、TOK「知の理論」を文化相対性の話題で、ほんの少し英語を使ってワークショップしました。バカロレアは本を読めばわかることと、やってみないと分からないことがあります。2は、ベトナムからの教員や大学講師の3名(美術 理科 数学)と、日本の現職3名 院の修了生3名 田中教授にTTしてもらって、CLILの授業づくりをしています。全部で8回で上手く到達できるかな。トピックは「サイエンスー摩擦」「社会現象ーFood Lossと数学」となりました。理論編とデモを、すべて英語で導入したのは、さすがに私も初めてです。大変ではありますが、こういう時間は自分にとってもチャレンジングで楽しい。大学院生はさすがです。授業づくりも凄いスピードで進んでいます。ベトナムの院生はSTEAMも活用した授業を創っているようです。教えがいがあるという、教師冥利につきます。来週もたのしみ。教職大学院のグローバルプログラムの講義風景が大学ブログにアップされました。仲矢史雄先生のアジアへの理科教育貢献プログラムの一環でもあります。 教職大学院ブログ https://osaka-kyoiku.ac.jp/_blog/rengokyoshoku/
20日 10月 2019
国際共同研究B が採択されました。採択は8%と言われており、モデルになる申請書も無かったので、ゼロからでしたが、在外研究中の研究者の研究姿勢から学んだことが大きかったと思います。そしてこの基本ともなる、もう一本の科研がきっかけになり延長上に研究を位置づけることができました。
英語/世界の教育/CLIL · 06日 10月 2019
2019年の7つのプロジェクト
大学/院 · 06日 10月 2019
アジアから輸入したばかりという黒板wallpaperを某繊維関係のCEOから運びこんでいただいた。娘の会社の上司たちです。企業ビルディングとは違うthe...
英語/世界の教育/CLIL · 17日 9月 2019
https://osaka-kyoiku.ac.jp/university/kikaku/topics/2019_07_09/201909_06.html
英語/世界の教育/CLIL · 17日 9月 2019
A wonderful moment we had on the last session. I feel sinserely IB teachers awareness as creative teachers great leading globalized context. In particular, this time I would like to understand a better inplementation of transdisciplinary approach as regards Junior High School ages. This fruitful explerinece will help me go forward to develop CLIL lessons that may support Japanese English education for the future. コチラはIBプログラムの e-assessmentモデルです。...
旅/人など · 17日 9月 2019
ーーWEBで、こんな講演の感想をいただいていたことが、ある方から教えてもらってわかりました。どなたの記事かは分からないのですが。どこかで今日もきっと子供たちへの熱心なご指導にあたられていることと思います。記事とレビューをありがとうございます。私も頑張ります。----(柏木) 大阪教育大学連合教職大学院教授...
旅/人など · 08日 9月 2019
母から娘へ、そして娘からまた娘へ

さらに表示する